top of page

​安全データシート(SDS)

SDSとは「Safety Data Sheet」の頭文字から呼ばれています。以前はこれに「Material」がついたMSDSと呼ばれていました。

SDSは、1970年代に一部の欧米企業が商習慣や化学工業会指導で自主的に作成提供を始めたのが始まりとされています。その後、米国では1985年にMSDSの義務化、EUでも1985年に「製造物責任に関する指令」で義務化(1993年までに各国で施行)され、日本では、1992年に日本化学工業協会がMSDSに関する指針を作成・公表し、その後、通商産業省、厚生省、労働省がMSDSに関する告示を策定・公表しました。1995年には「製造物責任法」が施行され、MSDSの提供が義務化され、2000年の労働安全衛生法改正や2001年の化学物質排出把握管理促進法(PRTR法)では毒物及び劇物取締法の改正がなされ、化学品を現場に置いて安全に取り扱うための情報として、SDSの提供が求められるようになりました。SDSは、化学物質個々の危険有害性だけでなく、製品(混合物)としての危険有害性を作業者に知らしめることで、化学品事故を未然に防ぐ目的があります。

GOJO-PURELL-MakersLockup-JP.jpg
bottom of page